化学系メーカー研究職です

タスク管理、TaskChute、Evernote、ライフハックに関するブログです。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト   

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

TaskChuteを使う人はどのように成長していくのか?について個人的に考えてみました。その結果を5段階にまとめたものがこれです。私が勝手に考えた成長モデルですので、そのへんはご注意ください。

TaskChute初心者(チャレンジの時期)
・ここからスタートです。

TaskChute初級者(TaskChuteが習慣になってくる時期)
・自分の意思でやろうと思った作業については、時間記録をきちんととれている。
・時間記録をつけることによる良い効果を実感している。

TaskChute中級者(TaskChuteが楽しくなってくる時期)
・自分の作業記録を元に、明日のタスクをだいたい見積もることができる。
・ほぼ毎日行うようなリピートタスクをTaskChuteの中に組み込めている。

TaskChute上級者(TaskChuteが生活の一部となっている時期)
・割り込みタスクへの対応から復帰を簡単に行うことができる。
・主要なショートカットは使っている。
・リピートタスクによって1週間先までのだいたいの見通しがついている。
・TaskChuteに自分なりの工夫を組み込んでいる。

TaskChuteの達人(TaskChuteの伝道師)
・TaskChuteとタスクシュートの違いを説明できる。
・タスクシュート方式の概念を説明できる。
・タスクシュート方式の欠点を説明できる。
・タスクシュート方式の欠点を補うツールを併用している。

大橋さん、佐々木さんにも意見を聞いてみたいところです。

今日の猫ちゃん

p0212.jpg
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hama73.blog137.fc2.com/tb.php/199-ec380026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。