fc2ブログ

化学系メーカー研究職です

タスク管理、TaskChute、Evernote、ライフハックに関するブログです。

262「ラブレターを書きませんか?」 はてなブックマーク - 262「ラブレターを書きませんか?」   

2011/11/21
Mon. 07:35

自分の好きなブログに対してラブレターを書く、という企画はどうだろう。Sun Nov 20 03:42:09 via TweetDeck


好きだって言われたら悪い気がしないですよね。自身のブログを褒められたなら手放しで喜べますし、モチベーションもあがります。

ネタ帳さんとこの「11月は好きなブログを告白する月です」ネタにのって、好きなブログを告白する方が何人か見られます。

その関係で私も261「R-styleが好きです」という記事を書いたわけです。

その際に、この「好きなブログにラブレターを書く」的な記事をもっとたくさんの人でやったらどうだろう?好きなブログなんてたくさんあるはずだから、1ブログにつき1記事分のラブレターを送れば、何回分かの記事にもなるしおもしろいんじゃないだろうか?

なんていう考えが湧いて来ました。そうしたら、

おお!やってみようかしらー そして私もみんなのラブレターを読んでみたいw もっと賛同者増えないかな!? RT @spring_mao: @Surf_Fish イイね(。・∀・d)読みたい!Sun Nov 20 03:55:30 via TweetDeck


まおさんに「イイネ!」をいただきました!ますますやってみたいなーと思ったり。

とりあえず書くとしたらどのブログに対してラブレターを書こうかを考えています。たくさんあるので悩ましい!

もし賛同してくださる方がいたらいっしょに書いてみませんか?みんなで書けば書くほど、ブロガー界隈がほっこりすると思うんですよね。

1つのブログを題材にして、みんなでラブレターを集中砲火なんていうのもおもしろそうだなぁ~

今日の猫ちゃん
p1121.jpg

関連記事
スポンサーサイト



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

11月12日に、シゴタノ!さんのタスクシュート「超」入門セミナーにゲストとして参加してきました。招待していただき感謝です!

その際に佐々木さんが、タスクシュート方式とGTDの比較&分析についての講演を行われたのですが、これがとてもわかりやすく、おもしろかったです。

1119-2.jpg

この講演を聞いていて、現代のビジネスマンにはGTDよりもタスクシュート方式の方がとっかかりやすそうだなと思いましたので、その理由を書いてみます。

なお、TaskChuteは「ツールの名称」、タスクシュートは「思想・スタイル」という定義で区別しています。

1.タスクシュートは時間(分刻み)を管理する。


Time / Moyan_Brenn


GTDは「気になること」を管理するシステムなのに対し、タスクシュート方式は明確に「時間(分刻み)」を管理するシステムです。

気になることを忘れずに管理しておくことも必要なのですが、現代のビジネスマンが求めているのは「時間」をきっちりと管理できる仕事術・ツールではないでしょうか?

※佐々木さんは、GTDは「気になること」、タスクシュートは「やること」を管理すると表現されていました。

2.メンテナンスにかかる時間が短い。


A successful tool is one that was used to do something undreamed of by its author. / katerha


GTDでは毎週のレビューの時間を大きくとってメンテナンスする必要があります。(例えば、土曜日に2時間など)

タスクシュート方式は1日のほとんどの行動をルーチンで形成させ、空き時間に「やること」をつめていきますので、メンテナンスは短時間で済みます。(例えば、前日に5~10分)

メンテナンスにかかる時間が短いというのはうれしいことです。

3.未来の自由時間の見通しがつけやすい。


Someone's Lost Schedule Book / ASurroca


GTDは、NextActionをいつやるか?を単独では決めづらいシステムです。やるべきことをずらりと並べられるものの、明日、明後日、1週間後、に自分のスケジュールがどうなっているのかを示してはくれないのです。

タスクシュート方式はまずルーチンタスクで未来のスケジュールを自動的に埋めてくれるため、未来の自由時間の見通しがつけやすいのです。

まとめ

私はGTDとTaskChuteを併用して日々を過ごしていますが、常々思うのは次のことです。

GTDはタスク処理の「状態」管理は得意だが、「時間」管理は苦手。
TaskChuteはタスク処理の「時間」管理は得意だが、「状態」管理は苦手。

相互に補えばちょうどいいんですよね。だから私は両者を併用しているのですが、どちらも未経験な人がいきなり2つを同時に始めるのは難しい。

なので、まずはメンテナンスが楽で、効果もすぐに実感できる「タスクシュート方式」が現代のビジネスマンにはとっかかりやすいのではないかな、と思うのです。

関連記事など

254シゴタノ!「TaskChute『超』入門セミナー」に行ってきました #taskchute001 - 日刊はま

こちらは当日、私がEvernoteに作成したメモ書き。
シゴタノ!TaskChute「超」入門セミナー2011/11/12

関連記事

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2011-11